よくある質問

治療に関するよくあるご質問をご紹介します。

整形に通院していますが、診て貰えますか?

一般的に、病院や整形、他の接骨院との同日、同部位受診は基本的にお受けできません。
また違う日でも、同じ受傷部位での掛け持ちは、病院や接骨院の紹介以外では保険が適用されないため、どちらかを選択する必要があります。 なかなか症状が落ち着かなくて痛みなどで悩んでいる方は1回受診して選択するのも一つの方法と思います。 当院に来院され、他院で治療をされている方は、まずご相談ください。

何回で治りますか?

治癒の過程はそれぞれの症状や期間、生活環境、仕事内容によって大きく変わります。
施術を受ける回数が週に1回と3回とでも変わってきます。 初診時に状態を診させて頂き、どれくらいの頻度で来院出来るかなどをお聞きして相談しながら、お応えさせて頂きます。

痛みがなくても治療に来ていいのですか?

もちろん来ていただいて結構です。疲れや冷え、また力が入りにくいといった違和感など痛み以外の症状は沢山あります。
またご自身では頭痛や痛みなどの症状をもっていても、「不定愁訴」と言って病院で検査を受けても原因が特定できないような場合があります。
当院では東洋医学と整体の両方の側面から検査の結果には現れない「疲れ」や「機能の低下」の段階から、神経や筋・内臓に起こっている異常を把握し改善してゆきますので、そのような「不定愁訴」をお持ちの方や自律神経の失調と診断された方にも是非治療を受けていただきたいです。

繰り返し痛くなる所があるのですが・・

痛みはその障害のサインであり、痛みがとれても元々の原因(身体の歪みや自律神経のバランスの乱れなど)、そしてそれをとりまく様々な環境(ライフスタイル・職業・食生活など)が変わらなければ再び同じ痛みをくり返すことになります。
当院では、歪みや自律神経に対して整体や鍼治療でアプローチしていきます。そしてお一人おひとりのライフスタイルや食生活の指導を行い、また予防につながるストレッチやトレーニングもお伝えして、痛みの原因を作っている悪い循環から、痛みが出る前よりもっと健康に元気になって頂くことを目指し、ご一緒に治療に向かいます。

もみ返しが怖くてマッサージは受けたくないのですが・・。

鍼灸治療や整体治療など、患者さんのご希望に合わせて治療させていただきます。
揉み返しは、過度の刺激が加わったときにおこります。凝っているところを単にほぐして柔らかくするだけでは揉み返しがおこる可能性が高くなります。
当院ではマッサージにおいても、痛みに敏感な方・マッサージが苦手という方においては筋膜リリースやロルフィングという毛細血管やリンパ腺に損傷を与えず、俗に言う「揉み返し」がおこりにくい手技を用います。または経絡などを使い、患者さん本人が感じている凝りや痛みを、部分的ではなく、関連するところも一緒にほぐしながら治療させていただきますので安心して受けていただけます。(詳しい説明は、全身マッサージのところをご覧ください。)

レントゲン(MRI)は撮れますか?

接骨院ではレントゲンMRIを撮ることが出来ません。
患者さんの痛みの程度を診させていただき、骨折の疑いやレントゲンで確認する必要があると判断した場合は、一度整形外科に受診していただきます。 また、外傷だけでなく、内科的な不調に対しても検査する必要性があれば、またご希望があればそれに必要な医療機関を受診していただくこともあります。 その際は紹介状をお渡しし、患者さんの状態を細かく書き、各先生にしっかりおつなぎします。
当院では、病院の先生の力も時にはお借りしつつ、私達にできることをさせていただいています。

仕事が変わり保険証も変わってしまったのですが保険証が来ていません。その場合保険治療は受けられるのでしょうか?

証明書をお持ちいただければ大丈夫です。証明書もない場合は実費治療になります。

子ども医療費の受給者証があれば窓口負担なしで受診できますか?

接骨院では病院とは違い一度窓口で保険金額をご負担頂き、後から市町村の方からお返しする形になります。

詳しくはこちらをお読みください。

Copyright(c) Minami Shinkyuin All Right Reserved.