スポーツ障害・外傷について

当院では、レントゲンが必要と思われる外傷の場合、提携している病院と連絡をとりながら治療を進めていくので安心です。  
また、捻挫などの怪我をされたとき、仕事や大会などがありどうしても安静できないという方に対しては可能な限り固定を少なくしたり、大会に出場できるように患者さんと話し合い、目標を設定し施術を進めていきます(決して固定をなくすことではなく、必要な固定はさせていただきます)。

 ※スポーツをされて繰り返し炎症や障害を起こしたりする患者さんの場合、そのフォームやトレーニング方法にも問題があることが少なくありません。当院院長はスポーツ整形の現場での経験もありますので、ご相談ください。

肘内障、幼児の肘の痛み>>

Copyright(c) Minami Shinkyuin All Right Reserved.