症状別疾患(肘内障の治療)

小さいお子さんにしばしばみられる肘内障(ちゅうないしょう)について

小さいお子さんは、体調が悪いとき、ケガをしたときは、泣いていてどこが痛いのかはっきりせず親子さんは、あわてて不安になるのではないでしょうか?

そのような時にも、冷静に対応できるよう知識のひとつとして、小さいお子さんをもつ親子さんや保護者として関わる方も是非、読んでみてください。

肘内障って何?

肘内障は、肘の痛みとして小さいお子さんに起こる特有の疾患です。とても痛がりますがこれは接骨院で治療できるものです。
2歳から5歳くらいまでのお子さんがなりやすく、肘の関節の一部が亜脱臼(ずれる)してしまう状態です。(下図参照)


小さいお子さんは、骨の大きさ、形態が成長過程で靭帯も希薄なために抜けやすいのです。
親子さんに、手を引っ張られて発生することが多く、お子さんが、体の下に腕をいれて転がり腕が引っ張られて発生することもあります。お子さんは、痛みがあるために腕をぶら下げるようにして、肘を曲げたり、腕を動かそうとしません。(特に腕を上げようとしません)また、手首や肩が痛 いと訴えることもあります。


【確認すること】
○ 腫れ、発赤は、ないか?(肘内障は、この症状が出ません)
○ 反対側の肘と比べて幅や、厚みが増していないか?
(幅、厚みが増して腫れがあると骨折の疑いもあります)
○ 何して痛めたのか?(腕を引っ張った?転んで手、肘を衝いた?)
【注意すること】
○ 自己判断で整復をするのはやめましょう。
○ 自然整復されても、まれに癖になることがあるので接骨院、整形外科を受診しましょう。
【予防すること】
○ 小学校に入る頃には、抜けなくなりますので、それまでは、腕を強く引っ張るのは避けましょう。


* 肘内障は、しっかり整復すれば一回の整復で治癒します。痛みも無くなり肘も動かせます。後遺症や手術になることはありません。当院でも、もちろん治療させていただきます。もし、夜間に発生したならば救急の病院をお勧めします。また、電話にても相談させて頂きます。
肘内障に限らず、お子様の不安を少しでも軽くするために、幼児の施術は保護者様とご一緒に受けていただくこともできますのでご安心ください。

Copyright(c) Minami Shinkyuin All Right Reserved.